snow spring cafe

思い紡ぐ日々愉し

雨上がり

上り坂とぼとぼ
チャイムのなる時刻
こんなにのんびり陽気な空

いいことだけで出てくるのなら
いいなって思うけれど
何かを踏み潰してしまいたくて

かなしくって見上げるんだ
この思いで、ただ
そのままに開けて見せようとも
雲は遠くまだらに散り
もやとなるのさ

朝の帰り道は重たい荷物と
しみついたうれしいこと
雨上がり

風景だけをひらいて
声に視線を傾けて
きっと大丈夫って思えますように

そのままで季節はすぐ
かわってしまうけど
行っておいで
気持ちは振り切れずとも
風は夕暮れまで肌に寄り添う

かなしくって見上げるんだ
この思いを、ただ
そのままで開けて見せようとも
雲は遠くまだらに散り
もやとなっていく
<< mama | main | flower >>

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--