snow spring cafe

思い紡ぐ日々愉し

special

一本のすじが空を分けるようにのびて
消えていく 冬の空に
私はひとりで何を思ったんだろう
景色を透かして見ていた

かなしい思いや傷みに
私であるしるしがあっても
ここから見える景色は愛しいから

空にかかるのは虹色の希望ではなくても
また会いたいと思う人が、
あの街にいてくれればいいな

探している日々が
いつか終わりますように
合わせた手のひら 
息は白く
心の泥に沈んでしまった記憶
景色に透かして見ていた

いつも誰かと出会うたび
自分自身とも出会ってたんだ
そうしてきっと前に進んでるから

日々は良いことも悪いこともあって
波のように揺らぐけど
また会いたいと思う人が
あの街にいてくれればいいな

明日はひとつほほえみと出会う
あなたもそうであればいいな
また会いたいと思うことで
支えられているよ
今日もそっと
<< シャツ | main | noword >>

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--